核酸認識系Toll-like receptorの応答制御に関する新規分子の解析

福井 竜太郎
(東京大学医科学研究所 病因・病理学専攻 助教)

2015年4月13日月曜日

科学新聞にセミナーが掲載されました

日本の新聞を大まかに分類すると、「一般紙」と「専門紙」になるそうです。
「専門紙」はさらに、「経済紙」と「産業紙」と「専門紙」に細分化することが可能らしいです。

ご参考のwikipedia

つまり、経済・産業全般ではなく特定の業界のことを詳しく報道している新聞が「専門紙」ということになるようですね。
もちろん科学分野にも専門紙はありまして、その名もズバリ「科学新聞」という名前で発行されています。
科学新聞社の方が先日のセミナーを取材して下さっており、記事として報道されておりますので、みなさまにもお知らせいたします。




文中で取り上げて下さっていますが、夏には「免疫ふしぎ未来」が開催されますので、そちらもぜひお越しください!
「免疫ふしぎ未来」では体験型のアトラクションも充実しています。それらを通して記事のタイトルのように、生命科学や免疫学をより身近に感じてもらえるようになって下さったならば幸いです。

2015年4月1日水曜日

ご来場ありがとうございました!

先週の金曜日、やさしい科学技術セミナー「生命科学と免疫学のリテラシー」が開催されました。
ご来場くださったみなさまには、心より御礼申し上げます。
あれから、今までよりも生命科学や免疫学に興味を持てるようになりましたか?

かなり簡単に解説したつもりではあるのですが、私自身が一般向けセミナーの経験が浅いこともあり、若干わかりにくいような部分があったかもしれません。
少人数で複数回、というような形でしたら補うことができるかもしれないのですが、やはり大人数向けだと難しい部分がありますね。
DNAのバンドを目で見る、というコーナーでも、見づらかった方がいらっしゃると思います。
またの機会があったら、そういう点を改良していきたいです。

そのほか、もし「ここはどういう意味だったの?」というような疑問がありましたら、ご遠慮なくブログにコメントを残してください。
色々とフィードバックをいただけると、私としても嬉しいです。

(写真は、大人気だった「DNAのバンド」です。昨年のニュースで図らずも知名度が上がってしまったようですね・・・。)