核酸認識系Toll-like receptorの応答制御に関する新規分子の解析

福井 竜太郎
(東京大学医科学研究所 病因・病理学専攻 助教)

2015年4月13日月曜日

科学新聞にセミナーが掲載されました

日本の新聞を大まかに分類すると、「一般紙」と「専門紙」になるそうです。
「専門紙」はさらに、「経済紙」と「産業紙」と「専門紙」に細分化することが可能らしいです。

ご参考のwikipedia

つまり、経済・産業全般ではなく特定の業界のことを詳しく報道している新聞が「専門紙」ということになるようですね。
もちろん科学分野にも専門紙はありまして、その名もズバリ「科学新聞」という名前で発行されています。
科学新聞社の方が先日のセミナーを取材して下さっており、記事として報道されておりますので、みなさまにもお知らせいたします。




文中で取り上げて下さっていますが、夏には「免疫ふしぎ未来」が開催されますので、そちらもぜひお越しください!
「免疫ふしぎ未来」では体験型のアトラクションも充実しています。それらを通して記事のタイトルのように、生命科学や免疫学をより身近に感じてもらえるようになって下さったならば幸いです。

2015年4月1日水曜日

ご来場ありがとうございました!

先週の金曜日、やさしい科学技術セミナー「生命科学と免疫学のリテラシー」が開催されました。
ご来場くださったみなさまには、心より御礼申し上げます。
あれから、今までよりも生命科学や免疫学に興味を持てるようになりましたか?

かなり簡単に解説したつもりではあるのですが、私自身が一般向けセミナーの経験が浅いこともあり、若干わかりにくいような部分があったかもしれません。
少人数で複数回、というような形でしたら補うことができるかもしれないのですが、やはり大人数向けだと難しい部分がありますね。
DNAのバンドを目で見る、というコーナーでも、見づらかった方がいらっしゃると思います。
またの機会があったら、そういう点を改良していきたいです。

そのほか、もし「ここはどういう意味だったの?」というような疑問がありましたら、ご遠慮なくブログにコメントを残してください。
色々とフィードバックをいただけると、私としても嬉しいです。

(写真は、大人気だった「DNAのバンド」です。昨年のニュースで図らずも知名度が上がってしまったようですね・・・。)


2015年3月26日木曜日

いよいよ明日

こんばんは。
やさしい科学技術セミナー「生命科学と免疫学のリテラシー」がいよいよ明日開催です。
私はまだ研究室で準備をしたりしております。

以前お伝えいたしましたが、このセミナーは基礎がメインの硬派な(?)内容なので、
ここしばらくは久々に生命科学や免疫学の教科書を読んだりしておりました。
かなり忘れている内容もあり、自分にとって良い再教育になっているように思います。
やはり、他人に教えることは自分が再度教わるのに等しいですね。

実はこういう一般向けセミナーは初めてなので、
「楽しみにして来てください」などと言える自信はありませんが、
精一杯つとめさせていただきますので、ご来場お待ちいたしております。

2015年2月6日金曜日

セミナー開催します!

気がついたら2015年になっており、時間が経つのは実に速いものです。
昨年「やさしい科学技術セミナー」の担当を仰せつかってから、どういうセミナーにしようかな?と考えていたのですが、すでに開催まで2ヶ月を切ってしまいました。
セミナーで話す内容は来場者の方々の属性によるかと思うのですが、私は大人を対象としているセミナーを開催することになっておりましたので、理想をいえばフロイトの「精神分析学入門」のような講義ができれば・・・と思っていたのですが、それは30年早いというものです。

今回のセミナーについてはこのページに概要を記載しておりますが、簡単にまとめれば「研究者の視点でバイオ系のニュースを眺める手ほどきをする」という趣旨です。
政治でも経済でもスポーツでも音楽でも、基礎を知っているのと知らないのとでは接し方が全く違いますよね。
一方で生命科学や免疫学は、大学などで選択しない限り基礎を知る機会は少ないものです。
そこで非常に僭越ながら、私たち研究者が持っている生命科学の基礎知識をおすそ分けすることができれば、という気持ちで「生命科学と免疫学のリテラシー」という内容で話させていただくことになりました。

セミナーはもちろん1回限りの90分、という制限がありますので、このセミナーを1回聞いただけで全てがわかるわけではないのですが(わかってしまっては、我々は失職です!)、セミナーの後ではセミナーの前よりもバイオな話題を身近に感じていただけるようになれば幸いです。
中学や高校、大学で生物の授業を選択していない、取っていても完全に忘れた、ほとんどの授業をサボっていた、しかし今では後悔している、という方、大歓迎です(ただし、免疫学を含めて分子生物学が中心の内容です)。
逆に基礎的な知識をお持ちの方には退屈極まりない内容になるかと思いますので、家でビールでも飲んでいた方が楽しい金曜日の夜を過ごすことができるかと思います。

なお、生命科学や医学、免疫学といった分野の一般向けセミナーといえば病気と絡めた話が多いと思うのですが、このセミナーでは「基礎」の部分を中心にお話いたしますので、内容は(たぶん)地味です。
「コレをアレすればガンが治る!」とか、「◯◯細胞から臓器の作製に成功!」とか、「インフルエンザから身を守るには?」とか、そういう話題はいたしません。
しかし、参加予定の方で「こんなことが知りたい!」というリクエストがありましたら、可能な限りお答えしてみたいと思いますので、コメントをお待ちいたしております。

まだ10名程度は受付可能かと思いますので、ご興味のある方はぜひご来場ください。
3月27日(金曜日)の18時30分から20時まで、東京大学医科学研究所の1号館講堂において行われます。
みなさまにお会いできることを楽しみにいたしております。