核酸認識系Toll-like receptorの応答制御に関する新規分子の解析

福井 竜太郎
(東京大学医科学研究所 病因・病理学専攻 助教)

2014年11月28日金曜日

久々の投稿です。こんなことしておりました。その1。

面目ないことに、しばらくブログの更新を忘れておりました。
最後に更新したのが「免疫ふしぎ未来」の前くらいなので、今年の夏と秋は何をやっていたの?という感じですね。
もちろん研究生活をサボっていたわけではなく、いろいろと仕事をしておりました。
残念ながら、諸般の事情で実験はあまりできていなかったのですが・・・。


まず、9月の前半には共同研究の打ち合わせとセミナーのため、スロヴェニアへ行って参りました。
私の研究室のボスとスロヴェニアのNational Institute of ChemistryのRoman Jerala教授がコラボレーションをしていて、その打ち合わせですね。
私が「今度スロヴェニアへ行ってくる」と言うと大抵の人は「スロヴェニア?それはどこ?スロヴァキア?」という反応でしたが、たしかにあまり馴染みはないかもしれませんね。
もちろんスロヴァキアは別の国で、スロヴェニアは東欧にある旧ユーゴスラヴィアの小さな国です。



写真は首都のリュブリャナで、旧市街地からリュブリャナ城を撮ったものです。
曇り空でイマイチな写真ですが、キレイで治安も良く、食べ物が美味しい素敵な国でした。



ここがNational Institute of Chemistryです。
駐車場には、この研究所で開発した電気自動車が停まっておりました。
雰囲気が医科研となんとなく似ています。
研究所の雰囲気というのは、どこの国でも同じようなものなのでしょうかね?



2日間ほど研究所の食堂で昼食をとったのですが、イタリアの西に位置しているのでニョッキやパスタ、シーフードなどもよく食べられているようです。

なんだかあまり華のある写真を紹介できなくて残念ですが、個人的にはスロヴェニアがとても気に入りました。
滅多に行く機会はないかもしれませんが、ドイツから飛行機で1時間程度なので、ヨーロッパに旅行した時にはぜひ足を伸ばしてみることをオススメいたします!

2 件のコメント:

  1. 意識しないとなかなかいけない国ですね。。
    そもそも、言語は何語ですか?スロヴェニア語って
    あるんですか?チェコ語の一派、すなわちドイツ語の
    一派なのかな?と想像したり、ロマンス語系かな?と
    思ったり。。
    その2を待ってます。

    返信削除
  2. >中原さん
     言語はスロヴェニア語です。
     スラヴ系なので、むしろロシア語などに近い印象を受けました。
     ただ、文化的にはイタリア(ヴェネツィア)の影響を強く受ける地域もあったり、軽くオーストリアへ買い物に行ったりすることもできたり、元来はユーゴスラヴィアだったり、なにかと複雑な国のようです。

    返信削除